*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

■本会は終了致しました.ご来場頂いた皆様、誠に有り難うございました.

日本紛争予防センター(JCCP)在南スーダン代表帰国報告会
              & パネルディスカッション開催のお知らせ

調理実習の様子.jpg
「報告:世界で一番新しい国での草の根支援
     ~南スーダンでの人材育成の試み~」
&「今後の南スーダン支援の方向性を考える
          パネルディスカッション」

JCCPでは、来る2014年1月29日(水曜日)午後7時00分より、
当センター在南スーダン事務所代表の中嶋秀昭がこのたび一時帰国するのにあわせ、
下記の通り南スーダン活動報告会を開催いたします。
また、今般の南スーダンでの情勢について現地からの報告もふまえながら、防衛省より浦上法久2等陸佐をお招きして、今後の南スーダン支援の方向性を考えるパネルディスカッションも同時に開催致します。

マヌエラ・サンデーさん.JPGJCCPは南スーダンにおいて、独立前の2010年より若者に対する職業訓練や就職支援などを中心とする活動をおこなってきました。詳しくはコチラ

皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

【報告会】

当センターが南スーダンでおこなっている若者に対する職業訓練・就職支援を中心とする事業について、活動報告をおこないます。

  • 報告者: 中嶋 秀昭(なかじま ひであき)
  • フェアトレード企業勤務の後、NGOで内戦下のネパールにおける母子病院運営、周辺コミュニティーでの保健衛生啓発活動・識字教育などの監理支援、スリランカ北部での駐在(JICA草の根技術協力事業(内戦後の母子保健システムの再構築支援事業)の監理支援)、インドネシア・アチェでの駐在(内戦・津波を体験した児童に対するサイコソーシャルケア、内戦後のコミュニティー復興支援の事業統括)などに従事。また、JICA企画調査員(平和構築・復興支援/母子保健プログラム)として内戦後のリベリアに3年間駐在。平和構築・復興支援関連業務に計約8年間従事。

【パネルディスカッション】

中嶋の南スーダンからの報告もふまえながら、外部の専門家も交えて、世界で一番新しいこの国の現状や課題について、そして今後の南スーダンに対する支援の方向性について共に考えます。

  • コメンテーター:
  • ・浦上法久2等陸佐(防衛省陸上自衛隊研究本部所属)
  • 防衛大学校総合安全保障研究科修了(安全保障学修士)
  • ハイチ国際緊急援助隊、ハイチPKO、南スーダンPKOに参加。著作に「ハイチ安定化ミッションと自衛隊−統合活動タスク策定センターと民生協力活動を中心に−」(『国際安全保障』第38巻第4号・2011年)、「ハイチ派遣を契機とした日本型協力システムの形成」(『国際平和活動における包括的アプローチ−日本型協力システムの形成過程−』・2012年)等がある。
  • ・石原聡美(JCCP在南スーダン代表事務所プログラムマネージャー)
  • 大学で国際関係学を専攻。卒業後はパレスチナ、カンボジアおよび南スーダンに駐在し、現地および国際NGOでの開発支援事業や緊急支援事業に従事。10年以上にわたる紛争地での駐在活動経験を持つ。2012年8月より現職。
  • ■ファシリテーター:
  • ・石井 由希子(JCCP事務局長)
  • 国連に勤務した後、政府機関や大学、国際NGOなどで平和構築に10年以上従事。海外ではバルカン半島・中東・アフリカの紛争地に赴任。南スーダンのPKO要員や政府関係者への研修企画も行う。

日時
2014年1月29日(水) 午後7時00分~午後8時30分 
           (午後6時45分開場)
場所
JICA地球ひろば 2階セミナールーム201(東京都新宿区市谷本村町10-5)
※会場地図はこちら
アクセス:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分
参加費
資料代として500円 (当日受付にてお支払ください)
お申込み
お申込みフォームからお申込みください。
または、メールにてお申し込みください。
宛先: contact*jccp.gr.jp (*を@に変えて下さい)
件名:「南スーダン報告会」
本文:参加者お名前(ふりがな)※、ご所属(会社名、学校名等)、連絡先メールアドレス※、電話番号、住所 <※印は必須事項>
お申込み締切り
2014年1月26日(日)
※お申し込み後キャンセルの場合は、必ず当センターまでご連絡下さい。
※先着60名様限定。人数に達しましたら申込み締切り日前でも締め切らせていただきます。どうぞお早めにお申込みください。
お問い合わせ
contact*jccp.gr.jp(*を@に変えてください)