*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。 

JCCP東京事務所での職場体験(2014年11月)

2014年11月27日と11月28日の二日間、練馬区立光が丘第二中学校2年生の八木菜優花さんの職場体験の受け入れを行いました。今年ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユズフサイ氏のスピーチに感銘を受けた八木さんは、世界の情勢をもっと深く知りたいと思い、6月にJCCPに職場体験のお問い合わせくださいました。

P1020220.JPG

1日目

<午前>
名刺整理
事務所内の世界地図上でJCCP活動地をマッピング
<午後>
事業報告書のためのファイル作り
活動紹介ムービー鑑賞

2日目

<午前>
切手の整理、雑誌棚の整理(ポップ作成)
<午後>
名刺の整理、広報記事作成

事務作業には不慣れであるにもかかわらず、どの仕事もてきぱきとこなしてくださいました。将来は国際的に活躍できる仕事に就きたいそうなので、JCCPでの経験が少しでも八木さんの将来に役立つことを心より願っております。

最後に、八木さんの職場体験を終えた感想をご紹介いたします。

今回、このような貴重な経験をさせていただき、事務所の方々には本当に感謝しています。この体験を通じて、JCCPさんで行われている活動をより深く知ることが出来ました。
私は、以前から国際的な仕事というものに漠然と憧れていましたが、実際体験させて頂いたコツコツと作業するような地道な仕事も、大切なのだなと思いました。
そして、ここで働いている皆さんの仕事は世界に繋がっているのだなと改めて感じるともに、自分は世界の厳しい状況の中で暮らしている人たちのことについてまだまだ知らないことが沢山あるなと実感しました。

私は今、当たり前のように学校に行けて、このような経験もでき、とても恵まれた環境にいます。普段から思うのですが、せっかく教育を受けているのだから、そこで学んだことをしっかりと生かしていける人間になりたいと思います。JCCPさんで職場体験をさせていただき、更にこの思いは強くなりました。
二日間、本当にありがとうございました。

八木 菜優花


P1020225.JPG

JCCP東京事務所での職場体験(2013年9月)

 JCCPは、2013年9月10日から12日の3日間、東京本部事務局において、文京区立第六中学校2年生の岡本尚さんの職場体験の受け入れを行いました。海外と関わる仕事にご関心のある岡本さんより、春に事務局にお問い合わせがあり、この度の職場体験が実現致しました。

20130912_115846.jpg

1日目

午前>
名刺整理、切手の仕分け作業など
<午後>
南スーダン事業についての学習、事務所の世界地図掲示

2日目

<午前>
ニュースレターの在庫管理、事務所に届いた書き損じハガキのカウント
<午後>
事務所会議に地図掲示、英語資料のファイリング

3日目

<午前>
海外事業報告書のためのファイル作り
<午後>
南スーダン事業についての学習、職場体験レポートの作成、ホームページ更新作業

事務所のスタッフやインターンと共に、ひとつひとつ丁寧に取り組んでくださいました。
岡本さんの今後のご活躍を、職員一同心より願っております。
本当に有り難うございました。

最後に、岡本さんからの、今回の職場体験を終えての感想をご紹介致します。

20130912_150336.jpg 今回の職場体験は、ぼくにとってとても大きな経験になりました。職場体験をする前は、JCCPや国連などの国際機関の仕事のほとんどは、現地に行き、支援することだと思っていました。
 しかし実際に職場体験をしていると、現地で働いている職員を後ろからフォローすることがどれだけ大切かを実感することができました。同時に、世界中には僕たちが考えてる以上に厳しい環境の中で暮らしている人がいる、という事実にどれだけ背を向けずにしっかりと目を向けられるかが、僕たちそして世界中の未来がより良くなっていくことに関わってくると思いました。僕も将来その一人になれるよう、努力したいです。

岡本 尚