*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

ジェンダーに基づく暴力(GBV)被害者支援・予防促進事業を開始

<2014年6月掲載>

2014年6月1日より、JCCPは南スーダン共和国にて、イスラエルのNGOであるIsraAIDと連携して国内避難民(IDP)を対象に、ジェンダーに基づく暴力(GBV)被害者支援・予防促進事業を開始致しました。

2013年12月以降の紛争により多くの女性や子どもがIDPとなっており、紛争が原因で、特に女性に対する暴力が増加しています。GBVに関する対応は散発的に始まっているものの、総合的な支援の強化が必要とされています。
Facebook Photo_Somalia 2.jpg
本事業は6カ月間の実施を予定しており、ジュバ市および近郊の国連施設外にある3つの集落に避難している5,000人のIDPと、その受け入れコミュニティを対象としたものです。
事業内容はGBV被害者の生活改善及びGBV予防を目的とした物資の配布、ジュバ市の紹介支援先(医療・司法・警察)の専門家に対する研修、そしてIDPに向けたGBVに関する啓発・研修等です。

この支援は、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成と皆様からのご寄付によって行われています。

寄付をする.gif