*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

キアンビウ・スラム:コミュニティ平和構築

1.キアンビウについて 

キアンビウ・スラムは、首都ナイロビの東側に位置する比較的新しいスラムです。約6万人が居住していますが、複数の民族が混在して生活しています。多くの人々は職がなく、貧困に苦しんでおり、アルコールや薬物中毒、強盗、泥棒、時には拳銃・小銃等の小火器を使用した犯罪が発生します。また、異なる民族間の対立や相互不信によって若者の間で暴力事件が頻発しており、2007年後半から2008年初旬に大統領選挙の結果をめぐって激しい暴動が起きた地域でもあります。特に女性や女の子は犯罪や暴力の被害者となりやすく、キアンビウでは、性暴力や家庭内暴力等の事件が頻繁に報告されています。

HPアップ用1_New_20150819.pngHPアップ用2.png
(外務省ホームページより)


2.事業について

このような中で、本事業はコミュニティ内での治安改善に努力する人々の能力強化を行っています。住民自身が紛争の火種を察知し、警察や現地政府と協力しながら、対立する当事者に対して仲介や仲裁を行えるよう訓練を行います。また、別の住民に対しては、コミュニティ内でカウンセリングをしたり、医療・福祉・教育等の必要な支援先への紹介ができるようになる訓練も行います。これら2つのアプローチによって、紛争を未然に防ぎ、暴力や紛争の被害者(また加害者も)のトラウマがやわらぎ、暴力の連鎖が断ち切られ、新たな紛争が起こりにくい街づくりにつながることが期待されています。また、住民自身の治安改善に対する意識を向上させるための取り組みも実施しています。こうしたアプローチに基づき、本事業は特に女性と若者の保護に力を入れています。

HPアップ用3_New_20150819.png

この支援は、外務省のNGO連携無償資金協力の助成と皆様からのご寄付によって行われています。