*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

早期警戒・早期対応Early Warning and Early Response: EWER)

WSA (Women’s Safety Audit)研修

計20人のメンバーが女性の目から見た治安の調査(Women’s safety Audit: WSA)についての研修を受けました。この研修を通してメンバーは、「ジェンダー」の概念が男女間の単なる生物学的違いのみならず、社会的に固定されたものであり、男女の役割や責任・力関係にも関連することを理解しました。参加者は生活環境が十分に整備され、犯罪が少なく、雇用機会に恵まれた理想のコミュニティの実現のために、男女双方が協力して取り組んでいかなければならないことを学びました。

また、チームのメンバーは、WSAとその重要性・方法論について学んだ後、実際に10日間のWSAを行いました。調査では、女性への街頭インタビューや、集団聞き取り調査、また治安情報に詳しい人々からも個別に意見を聞くなどしてキアンビウの女性が日常生活で治安をどのように感じているかを評価しました。

早期警戒_早期対応.png